株式投資の銘柄選びは、長期投資と短期売買とでその方法が異なりますから、スタンスを先に決めるべきでしょう。

株式投資と投資スタンス
株式投資と投資スタンス

株式投資の銘柄選ぶと投資スタンス

株式に投資をするときに重要なのが銘柄選びであると言えるでしょう。
良い銘柄を選ぶことができれば、株式投資は成功したようなものだと言えるでしょう。
ただし、銘柄選びをするときには投資スタイルによっても選び方が異なるという事を忘れてはなりません。投資スタイルというのは人によって異なっているため、簡単に分析する事はできないでしょう。
これを大きく分けるとすれば長期投資と短期売買とに分ける事ができるでしょう。
どこからが長期でどこまでが短期なのかというのも厳密には定義できませんが、長期というと数十年と考えておくのが良いと思います。
短期というと、デイトレードも含みますし、数週間から数ヶ月の投資だと考えておくのがよいでしょう。

長期投資の場合には、その企業が成長していくのかどうかという事を判断しなければなりません。そのためには経営者の経営方針なども把握して置く事が必要となってくるでしょう。
その他にも、業績が拡大しているかどうかということを見ていく事も必要です。
積極的にシェアを広げているような銘柄なら魅力的なものであると考えられるのです。
短期売買のときには、どちらかというとチャート分析などを重要視したほうが良いでしょう。
チャートを見れば売られすぎている銘柄を見つける事もできるでしょう。
例えば移動平均乖離率などを見れば売られすぎかどうかがわかると思います。
その他にも、RSIやストキャスティクスも効果的でしょう。
これらのテクニカル指標を見れば、買われすぎや売られすぎを判断する事ができるのです。
あるいはトレンド分析も効果的です。
移動平均線やボリンジャーバンドを用いれば、相場が上昇トレンドなのかどうかというのを判断しやすいと思います。
上昇トレンドに乗ってから買い、そして上昇トレンドが終わるまでに売りぬけるというのも良い方法であると考えられます。
短期売買では、このようにしてチャートを活用して取引するのが効果的でしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017株式投資と投資スタンス.All rights reserved.