投資する銘柄を分析する方法にはファンダメンタルズ分析があり、長期投資をするときには適しているでしょう。

株式投資と投資スタンス
株式投資と投資スタンス

長期投資の銘柄選びに適したファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、投資するべき銘柄を選び出すときには、重要なものであると言えるでしょう。
ファンダメンタルズという言葉は色々な意味で使われますが、株式投資をするときには企業の経営状態などを指すと考えておくのが良いと思います。
株価は色々なものに影響されますが、その要因の一つとして企業の経営状態があります。
経営がうまく行われていれば業績も拡大すると思いますし、その結果として株価も上昇するでしょう。
このような分析方法がファンダメンタルズ分析であると言えるでしょう。
ファンダメンタルズ分析では、今後成長する銘柄を選び出すという方法がとられる事もあります。

業績が拡大している企業であれば、今後も成長を続ける事が期待できるでしょう。
あるいは、新興国に積極的に進出している企業であれば、業績の拡大も期待できるでしょう。
また、割安銘柄を探し出すというのもファンダメンタルズ分析を行う事ができるでしょう。
PERやPBRなどでスクリーニングをかければ、割安な銘柄を分析する事ができるのです。
割安銘柄は、長期的に考えれば株価が上昇すると考えられます。
ですから、ファンダメンタルズ分析は長期投資に適したものであると言えるでしょう。
割安銘柄は、株価が間違っているというように考えられます。
株価が間違って安くつけられていると考えられるために、水準訂正がいずれは起こると考えられます。
いつ水準訂正がなされるのかというのは難しい問題ですが、長期的にはいずれおこると考えられるのです。

Copyright (C)2017株式投資と投資スタンス.All rights reserved.