投資する銘柄を選ぶときには、純資産倍率によって割高か割安なのかを判断する事ができるのです。

株式投資と投資スタンス
株式投資と投資スタンス

投資する銘柄選びに純資産倍率

株式投資をするときには、どの銘柄に投資をするのかという事を考えなければなりません。銘柄選びというのは非常に重要なものであると言えるでしょう。
銘柄を選ぶときには、何らかの手がかりを元にして選別するという事が必要となります。
これを可能にしているのが株価指標であると言えるでしょう。
株価指標の中でも、下支え要因を判断するためのものとして純資産倍率があります。
純資産倍率というのは、企業の純資産と株価の関係を示したものであると言えるでしょう。
企業が大きな資産を穂湯好いているにもかかわらず、株価が低ければ、買収の対象になる事も考えられます。
株式を買いしめたのちに、資産を売却すれば、それだけでも利益を発生させる事ができるのです。
このような事を行っているファンドもいくつもあると言えるでしょう。

この意味で、純資産倍率は重要なものとなってきます。
純資産倍率を計算するのはそれほど難しいものではありません。企業の純資産を発行済み株式数で割れば、一株当たり純資産が計算できます。
そして、この一株あたり純資産に対して株価がどれくらいなのかというのが純資産倍率であると言えるでしょう。
ですから、純資産倍率が低ければ、株価は割安であると考えられるのです。
業界内の純資産倍率の平均と比較して、そしてその企業の純資産倍率が平均よりも高いの低いのかによって、株価が割高か割安なのかを判断できるのです。
これを利用して銘柄選びをする事ができるでhそう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017株式投資と投資スタンス.All rights reserved.